発毛治療 Q A

Q1
どのくらいで発毛するの?

HARG療法(ハーグ療法)は約3ヶ月で発毛が認められます。
約6ヶ月で見た目に「生えた!」と実感できます。
またプロペシア治療は、約6ヶ月で発毛が認められます。
約1年で見た目に「生えた!」と実感できます。

Q2
毛はまた抜けないの?

HARG療法(ハーグ療法)等の維持療法を継続していれば再び抜ける確率は非常に低いのですが、治療を中断してしまうと男性の場合その多くは男性ホルモンが原因なので「プロペシア」を継続的に内服していないと再び抜ける確率は高くなります。女性の場合、男性ホルモンの影響は少ないので男性に比較して抜けにくいと思われます。しかし男女共、加齢性変化は避けられないので少なくとも「点滴療法」は継続するべきです。

Q3
施術時間はどのくらいですか?

HARG療法(ハーグ療法)は、準備・麻酔・施術で、およそ「60分」です。

Q4
頭皮への注射は痛いの?どうやって打つの?

HARG療法(ハーグ療法)は、はじめに表面麻酔をして数分おいた後、注射による麻酔をいたします。毛髪より細い超極細針で、約1mm程度の深さに一定の間隔で少しずつ薬液を注入していきます。ほとんど痛みは感じませんが、痛みの程度をお聞きしながらゆっくり行いますので、ご安心ください。

Q5
発毛注射を打ったあとは?

局所的に血流が高まるので、注入直後から数日間、注入部分が赤く火照った感じになったり、軽い鈍痛 や違和感、かゆみを感じることがあります。数日で改善いたしますので、冷やしたり、マッサージ などせず経過を見て下さい。

Q6
発毛注射を打ったら抜け毛が増えたけど・・

個人差がありますが、薬剤により、休止期から成長期に移行する毛包の数が急増するので、治療開始後1~2ヶ月は抜け毛が増え、脱毛が進行した感じになる場合があります。「薬剤が正常に反応して、太く強い毛に生え変わってきている」とご理解下さい。決して脱毛が進行するようなことはありませんのでご安心下さい。

Q7
洗髪はどうしたらよいのですか?

前日の夜は必ず洗髪しておいて下さい。施術当日は、頭皮への薬剤の浸透をよくするため、基本的に「洗髪禁止」です。翌日から2日に1度、ニゾラールシャンプーで洗髪されることをお勧めしています。

Q8
毛染めをしたり、パーマをかけていいの?

「毛染め」及び「パーマ」は基本的に禁止です。少なくとも施術の前後1週間は避けて下さい。

Q9
プロペシアでEDになるって本当?

生殖機能に影響はありません。EDとも無関係です。巷の噂は信じないで下さい。但し、前立腺癌の腫瘍 マーカーである「PSA」の値が約1/2になりますので、検査を受けるときには必ず内服していることを医師に申し出て下さい。

Q10
仕事帰りでも施術が受けられますか?

夕方の診察時間を発毛治療時間に設定いたしました。また21時以降でもフレックスに対応いたしますので お申し出下さい。