男性型脱毛(AGA)とプロペシア治療

●男性型脱毛(Androgenetic Alopecia : AGA)

AGAは遺伝や生活習慣より発症します。主な原因物質は、「DHT」という「男性ホルモン」が頭皮に存在する「5α還元酵素」によって変換された物質です。DHTが毛乳頭細胞の「男性ホルモン受容体」と結合すると、下図のようにヘアーサイクルが短くなり、成長途中の細く短い毛で抜けてしまいます。そうすると生え待ちの毛が多くなり、その上それらが生えてもまたすぐ抜けてしまうので、薄毛の範囲がどんどん拡大していくのです。
また、女性でも同様な原因で脱毛が発症することがあり、「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれ、症状は男性とは異なり、頭部全体の毛髪が細くなり、部分的な薄毛となることが多い。

AGAのヘアサイクル

●プロペシア

頭皮に存在する「5α還元酵素」をブロックして、「男性ホルモン」がAGAの原因物質である「DHT」に変換されないようにすることによって、抜け毛を減少させ、毛髪を正常周期に戻すことで「発毛効果」が期待できるお薬です。
発毛率は約65%(当院データ)。発毛効果には個人差はありますが、6ヶ月ごろから認められ、およそ1年で見た目に生えたと実感できるようになります。ただし「中断」してしまうと再び「DHT」が増加し、薄毛が進行します。
また、副作用として、「ED、ヒゲや体毛の減少」があるように言われていますが、理論上ありえませんし、当院でも血液検査で、男性ホルモンが減少した方は一人もいません。安心してご使用下さい。

●プロペシアの効果判定:AGAチェック

後頭部から毛髪を10本程抜いて、毛髪のDNAを解析し、「CAGリピート」という塩基配列の長さをカウントすることで、「AGAになる可能性」と「プロペシアの効果」を予測します。
イメージとして、AGAの原因物質「DHT」を「雨」、CAGリピートを「傘」に例えると、「傘」が小さいほど雨に濡れやすいわけですから、「CAGリピートが少ないほどAGAになりやすい」ということになります。そして、「プロペシア」はDHTをブロックしてくれるわけですから、「傘のサイズを大きくしてくれる薬」と考えると、「CAGリピートが少ないほどプロペシアの効果が出やすい」ということになります。当院では、プロペシア内服開始前の検査をお勧めしております。

  AGAになる可能性 プロペシアの効果
CAGリピートが少ない 高い 効果が出やすい
CAGリピートが多い 低い 効果が出にくい

●プロペシアによる発毛症例

【頭頂部】

【後頭部】

T.M.さん41歳
父方祖父、父、弟がAGAで、遺伝が原因です。会社の同僚と同時にプロペシアを飲み始めました。
私は無事「発毛」したのですが、不摂生な生活をしていた同僚は発毛しませんでした。私は、生活が不規則にならないよう極力注意し、ヘアケアーも指示された通り行いました。
先生からのアドバイスには大変感謝しています!発毛するかしないかは、生活習慣が大きく影響すると思います。

発毛トライアル

飲む発毛治療「プロペシア」日本最安処方!6,600円/28錠 さらに初診・再診療無料!

●トライアル参加条件

  1. プロペシアを内服したことがない方、または内服開始後6ヶ月未満の方
  2. トライアル期間は、プロペシア効果判定期間の「6ヶ月間」限定であること
  3. トライアル終了後、プロペシアが無効の場合、「HARG(ハーグ)療法」による発毛治療も検討したいとお考えの方
    (もちろんご本人の意思でお決めいただく事ですので、当院から強要することはありません)

~ プロペシアを6ヶ月以上服用しても発毛効果が認められない方へ ~
是非「HARG(ハーグ)療法」の無料カウンセリングにお越し下さい。
AGAチェックで効果判定されることもお勧めいたします。

●トライアル参加要領

  1. まずは無料カウンセリング(約20分)をお申込み下さい。トライアル内容をご納得いただけましたら、当日ご処方いたします。
  2. 再診は、診察、写真撮影、投薬で約10分です。完全予約制ですので、時間厳守の上、当日キャンセルはご遠慮下さい。
  3. 通院間隔は、発毛状態により次回の来院日を決めますが、原則「1ヶ月に1度」ご来院下さい。
  4. なるべくトライアル前に「AGAチェック」をお受け下さい。
  5. 来院者処方限定:無診察(電話、メール等)での処方や代理の方への処方は一切いたしません。

当院は、高発毛率治療の「HARG(ハーグ)療法」に積極的に取組んでいます。
初診時カウンセリングの際に「HARG(ハーグ)療法」の説明もお聞きいただくことをご了承下さい。
トライアル終了後、HARG療法希望者には「優待特典」有り!!